ホーム
支部長ご挨拶
会員名簿
幹事会名簿
例会スケジュール
例会報告
MK研究会
中央区支部法律相談
 
      >>> ログイン
2011.10.20 【10月6日 築地倶楽部例会報告】 投稿者:安藤 励慈
  10月6日 築地倶楽部報告

10月6日 PM 6時30分より三越新館筑紫楼にて開催いたしました。
参加は5名、いつもの立ち上げメンバーです。
ユーロ アメリカ弗安 円高 ギリシャの国債等等 世界経済全体がギクシャクしてきた動きは世界のバブルの前兆につながらないよう祈る思いで見守るしかないのでは・・・・・・。ギリシャの国債問題で公務員の給与引き下げは 日本国債の解決として当然同じ方向に向かわざるを得ない。我々バブル崩壊のとき経営者が給与を削り、社員に協力を求めて何とか乗り切ったごとく、政治家、公務員も給与、ボーナスを削り歳出を減らす努力をするべきであり、其の後に国民に増税のお願いがあってしかるべきである。此れは参加者のM氏の意見でしたが説得力がありすぐ実行・・・・・・でしょう。 
後 野田内閣、民主党、震災、国内景気 等々意見が交換されました。
尚 次回は12・2(金)開催でPM 9時すぎ散会致しました   
報告者:神戸商事株ム田氏

2011.08.03 【7月28日 例会報告】 投稿者:安藤 励慈
  7月例会感想

コラボレーションという言葉は今まで様々な場面で耳にしてきましたが、今回の例会の話をお伺いして、この言葉の示す本当の意味は企業間のシンプルな連携とかシンプルな相互協力とかではなく、企業と企業が双方の成長と成功を願いながら、引き起こす『企業間化学反応』ではないかと強く感じました。
今回の様な活動を通して構築された人的ネットワークは情報の透過性とイノベーションをきっかけに、全く新しい状況や機会を創出し、さらに様々な企業をもその渦に巻き込んでいく、いわば社会規模での挑戦なんだと印象付けられました。
また後半のグループ討論ではバーチャルコラボレーションをテーマとして取り組みましたが、限られた時間内にも関わらず参加者がいきいきと自由闊達に熱く意見が次々と飛び出し、『ガチンコな取り組み姿勢』で臨むことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
こうした例会を通して、会員企業間の様々な連携が実現していけば最高だと感じました。

                          報告者:潟宴塔hマーク 梶原 淳


2011.08.03 【7月28日 例会報告】写真1 投稿者:安藤 励慈
  正面左側 浜野慶一氏(株式会社 浜野製作所 代表取締役)
正面右側 川端政子氏(MDファクトリーHS 株式会社 代表取締役)


2011.07.08 【7月6日 築地倶楽部報告】 投稿者:安藤 励慈
  7月6日 築地倶楽部 報告

7月6日 PM 6.30より台東支部会員の松浦氏のお店吉池本店5階にて開催しました。 参加者は今回港支部アセットメイトの小西氏が初参加、後は中央区支部のいつものメンバー計7名でした。
今回のテーマはいかに人生の終盤を過ごすか? についていろいろ意見交換がなされました。 結論は興味を失わず、すべての事にトライしていく姿勢、精神持ち続けることが重要なようです。老後の資金、ピンコロの薦め、老々介護、相続対策、相続税の今後等々各位の人生哲学の披瀝により皆様がお互いに刺激を受け、一段と顔の輝きが増し元気になられたような印象を持ちました。
原発問題、国防、エネルーギー問題、政局、話題は硬軟織り交ぜ、場所が変わる事で倶楽部の雰囲気が変化するのも非常に面白い事のように感じました。
 最後にホットニュース 参加のX氏苦節20年の結婚生活に正式に別れを遂げられ、新しいパトナーとのスタートになり皆様から羨望の眼差しのもと幸多からん事を祈り祝福のエールを送りました。
報告者:神戸商事梶@飯田氏

2011.07.08 【6月21日 例会報告】 投稿者:安藤 励慈
  中央区支部・6月例会報告

新会員が語る「わが社はこんな会社です」

●大企業から転進し、ベンチャー企業支援
 ケイアンドケイ株式会社 専務執行役員
 藤原孝志氏
藤原氏はパナソニックという大きな組織で35年の営業活動を経て、平成21年から
新天地でスタートをきりました。
現在はケイアンドケイ株式会社、エコミック株式会社、アイテル株式会社の3社
に籍を置き、今まで培った人脈を武器に活躍されています。
「明るく、楽しく、元気よく!」と「自分に謙虚、相手に配慮、全てに感謝!」
をモットーに新しい生き生きとした60歳代の道を模索しています。
夢でつながる夢縁社会を目指し、趣味と仕事にと充実した力あふれる生き方をお
聞かせいただきました。

●全ては自分を信じることから始まる
 株式会社エースコーポレーション 代表取締役
 沼田真清氏
沼田氏は大分から上京後働きながら夜間大学に通うが、頭部の大手術後、北半球
一周の旅を経験。
帰国後、不動産業の世界へ入りエース・コーポレーションを設立。バブル崩壊も
経験するが、倫理や理念を大切にする経営で乗り越えてきた。
今回のお話は自社の朝礼風景を再現する所から始まり、みずからに与えられた使
命と己の目指すところを熱く語っていただきました。
様々な挫折を乗り越えて今に至る沼田氏のお話とともに、氏の真剣なオーラが伝
わってきた会となりました。

後半は今までの形の小人数によるグループ討論ではなく、参加者全員に感想と最
近感じられていることをお話していただく構成となりました。

報告者 鞄券 高橋氏


 1234567891011121314151617181920