ホーム
支部長ご挨拶
会員名簿
幹事会名簿
例会スケジュール
例会報告
MK研究会
中央区支部法律相談
 
      >>> ログイン
2012.06.22 【6月22日 例会報告】 投稿者:安藤 励慈
  中央区支部6月例会講話メモ(2012年6月21日京華スクエア)
金型一筋 45年!! スワンタッチを生んだものつくり人生
高橋金型サービス社長 高橋 健司氏
(株)東美の高橋さんとのインタビュー対談という形で話をしていただきました。温厚で、実直で、謙虚で、素直で、一途で、自分のことを不器用な職人ですと淡々とおっしゃる方です。モノを作り上げていくことに無上の喜びを持つ誇り高き職人、いまどき日本で数少ない人材とお見受けしました。金儲け、商売は決してうまくなさそうな高橋さんですが、社会に価値を提供し、職人として高い技術と心を持ち合わせてる方だと感じました。今液晶テレビ、半導体、携帯端末等の弱電最終製品では日本の製品は世界で負けていますが、日本人のDNA、勤勉、努力、技術の絶えざる磨き上げに対する高い価値観、これがまだまだ生きている象徴のような話でした。企業の存在感、自分の社会での存在感、社会にいかにお役にたてているか、ということを意識することの大切さを教えてもらったような気がします。
スワンタッチ、うすけずり、どちらも意味あり(説明がいる)、志の入った商品のような気がします。高橋さん、どうも営業の方は苦手みたいなので、参加メンバーの中央区支部会員からも販促のアイデアが出ていました。高橋さんの神輿をみんなで担げたらいいですね。
それからエジソンの言葉ですが、www.earth-words.net/human/thomas-edison.htmlをインタネットーでみてください。ちょっと長いですが心揺さぶられる魂の言葉でした。

報告者:行本 憲治 (株)アルファーアソシエイツ

2012.06.11 【5月22日 築地倶楽部 例会報告】 投稿者:安藤 励慈
  5月22日 茅場町・長寿庵にて開催致しました。参加者は常連の中央区支部の皆様でした。
初めに電車内通勤トラブルで殺傷事件にまで発展してしまう世相に付き意見が交わされました。 結論は昔の江戸しぐさに見られる様な自然なマナーを身につける事ですが、いずれにしても物事に対してしなやかな対応で処していく、心構えが望まれます。S氏の体験談ですが、路上にて渋滞が起こっているので原因を調べると二人の男が路上でケンカ中、仲裁に入ったところ「おまえは関係ないからだまってろ」と言われた。何を言っているか「ここは公道上でいかに他人に迷惑をかけているか考えろ」と一喝したとエピソードを披露されたが、これとても同氏程の押し出し、迫力がなければ事はおさまらなかったのでは、と拝聴していた次第です。
ギリシャ、ユーロ問題では、不況と財政基盤の崩壊が極右極左の台頭を許し、ポピリズに迎合する現実、将来デフォルトでドン底を味わい通貨価値が下がり、それによって経済が再び立ち上がるには、長い年月、血と汗苦労を覚悟しなければなりません。ユーロ自体が体質の違う国が通貨は同一で強いドイツがますます実力を伸ばすシステムがうまく機能するか、見守る必要があります。
次に消費税問題では意見が参加者でも割れる中、野田首相・民主党との連携、各党の消費税に関し真剣の議論がなされるか、ある意味物事を決定するに妥協なしでは決まらない現実を踏まえ前進する事が望まれます。後中国の共産党の一党支配体制、国家資本主義、ナショナリズムの台頭、等々アルコールが入った中では少し議論迷走気味で、シラフで時間をかけて行う必要を感じました。
 本日はスカイツリー開業日、外は雨、少し風も出ていましたが、9時過ぎ散会いたしました。
当店の雰囲気、料理、料金が非常に皆様に好評で、次回7月11日(水)に開催を決定いたしました。
報告者:飯田氏

2012.05.25 【5月24日 5月例会報告】 投稿者:安藤 励慈
            < 中央区支部 5月例会 報告 >     
                               2012.5.25
                                 運営部会 藤原
1. 日時   5月24日(木)  18:30−21:00
                                      
2.場所   京華スクエアー  第2会議室                   

3.出席者  14名(他支部 2名)                      

4.テーマ  新会員が語る「 わが社は こんな会社です 」          

5.内容  @新会員 2名により 自社説明 −30分ずつ            
        ・株式会社 I.S.C代表取締役  中川一義氏           
         「 業界初! 家電量販向け会員組織サービス延長保証を開発 」

        ・株式会社 アルファ―アソシエーツ  公認会計士 行本憲治氏  
          「 信頼と価値の創造 」                  

      Aグループ討議 −60分                      
        ・出席メンバー各人より 3分で 自己紹介と本日のお話による
         感想、気づきを 自社の経営に如何に生かしていくか 発表
        ・その後 追加質問、フリーディスカッション           

6.感想
   株式会社 ISCの中川社長のお話は、家電量販店向延長保証等 業界の常識に
   捉われない多くの新型保険を開発され、様々な抵抗・リスクに敢然とチャレンジし
   成功を収められた内容で、我々に 大いに勇気と感銘を与えていただいた。
* キーワード  未開拓分野へのチャレンジ精神!            
                                  
   株式会社 アルファアソシエイツの行本公認会計士のお話は 大小いくつかの
   会計事務所での貴重な体験をベースに、61歳で独立され「中小企業の相談相手」
   を テーマに 更に幅広く ご活躍されている内容で、我々 同友会メンバーに
   とっても 実践派の知恵袋として 期待するところ大であると感じた。
    *キーワード  知・見(知識と見識)の 大いなる強み!        
   新たな素晴らしい2人のメンバーに出会え 大いに盛り上がった例会となった。

2012.04.12 【4月6日電気自動車工場見学会】  投稿者:安藤 励慈
  株式会社 高山自動車(狛江市)訪問記
4月6日、まだ寒桜の時節、中央区部会の会員、伊藤社長(日本メンテナンスシステム)のご紹介で高山自動車の高山英一社長に会員総勢10人余でお会いしてきました。狙いは電気自動車を拝見することでした。伺うといきなり完成電気自動車(鉛電池)4台が店頭に鎮座しており,組立工程、塗装工程をご案内、説明いただきました。車のシャーシーの横にはボデー用の木型、部品があり、塗装はEUでは当たり前の水性塗料塗装だそうです。そのあと待ちに待った試乗を堪能させてもらいました。何と車には登録車としてナンバープレートが付いており、公道を走らせてもらいました(最高時速40km/h)。本当に静かで、普通の自動車整備工場で製造できる電気自動車、これがこれからの世の中でどういうインパクトを与えていくのか楽しみです。会員みんな楽しんだんですが、バックの仕方が判らなかったせいか、所定のコースを外れてしまい、行方不明になりかけた会員約2名発生のハプニングつきでした。
高山社長には懇切丁寧にご説明をいただき、電気自動車をより安く提供することを通じて社会に価値を提供するという熱い思いを感じました。高山社長は基本的にはシャーシーをより安く提供することを主体にしたいそうですがコストダウンのためにコラボできそうな会員等がいらっしゃれば紹介してほしいということでした。
ご紹介者の伊藤社長は、この自動車をどういうビジネスモデルに乗せようか、早速頭の中でアイデア創出に向けてフル回転という様子でした。
高山社長お世話になり本当にありがとうございました。

報告者:行本憲治氏


2012.03.30 【3月28日 3月例会報告】 投稿者:安藤 励慈
            < 中央区支部 3月例会 報告 >
                              2012年3月27日
                                 運営部会 藤原
1.日時   3月26日  18:30−21:00
2.場所   京華スクエアー
3.参加者  21名(内 中央区支部 15名)
4.講演者  ニッポンメンテナンスシステム梶@ 伊藤社長様
    テーマ 「7分の雑談が会社を変えた!」
    レジメ  別紙 参照(岩本さんから メール済み)
   *グループ討議 内容
     @あなたの会社の「恐怖」に感じていることは 何ですか?
     Aその「恐怖」に どのように対応していますか?             
5、感想
  伊藤社長のオリジナルアイデア 中古車保証「買得典」は、当初 苦しいスタート
  だったが、価格の大幅見直し、大手法人との契約、新規人材の投入等により、
  大いに成果を上げ、今や NMS社の大きな収益源となっている。
  これは 正に 全国3000店の修理工場ネットワークを 事前に地道に構築し、
  又 会社は いつ潰れてもおかしくないという「恐怖感」を持ってリスクマネッジ
  メントを継続して実施していた結果である。
  又、その成功に 満足・安住する事なく、更なる「恐怖感」で 新たな事業分野
  (カーシェアリングサポート、電気自動車 充電機配備、タイヤ保管サービス、
   旅行会社とのタイアップ、保険代理店共同事務所等)に 果敢にチャレンジしつつ
  ある。
  講演後のグループ討議においても、「恐怖感」をテーマに それぞれの会社が抱えて
  いる 最大の課題とその対策が明確となり、活発な議論に終始した。
  今回の講演会を通じ、伊藤社長のアイデアが湧き出てくる感性と、それを具現化して
  いく行動力と、常にアンテナを張りめぐらし大いなる危機感を醸成しつつ危機対応
  している経営スタイルに 全員が大いに触発され、大変 盛り上がった例会となった。
                                      以上

→レジュメPDFはこちらをクリック


 1234567891011121314151617181920