ホーム
支部長ご挨拶
会員名簿
幹事会名簿
例会スケジュール
例会報告
MK研究会
中央区支部法律相談
 
      >>> ログイン
2007.12.30 【9月21日】突然の落とし穴!簡単に起こりうる恐怖の実態と対処法 投稿者:管理者
  9月21日中央区支部例会の財団法人暴力追放運動推進都民センターの松田洋氏のお話は日頃接することのないテーマで興味深かった。

以下印象に残ったこと。

暴力団に対しては、、、。
1.毅然とした態度で応対する。必要なときはテープなど証拠をとる。

2.弱みを見せない。言葉尻を取られないようにする。

3.話せばわかると思ってはいけない。

4.彼らも刑務所には入りたくない

5.都内では600人に一人は暴力団?

6.警察に相談する。

7.お客でも暴力団はお客ではありません。

コーディネーターの伊藤さん(日本メンテナンスシステム(株))の暴力団にからまれた経験のお話もあり、充実した例会だった。
最後にお礼をと差し出した商品券をお断りされたのも松田さんらしい。


2007.12.20 【9月29日】歴史探訪「初秋の秩父路を散策」 〜秩父事件・映画「草の乱」の舞台を訪ねて 投稿者:管理者
  経営における「攻め」と「守り」の鍵を握るIT戦略の巧拙が、将来的な企業価値を
企業価値を決める時代に入ってきた。こんな記事を新聞の特集記事に見つけました。

そんな数日後、9月29日(土)中央区支部主催の映画「草の乱」の舞台となった秩父
歴史散策に参加しました。
重苦しい空模様は、「草の乱」の背景に相応しい天気の当日でした。
廃校後の歴史資料館〜重鎮 加藤織平の墓〜龍勢会館〜「草の乱」のロケセットを保
存した井上伝蔵記念館〜札所二庶O番「音楽寺」と散策しました。 
無理の無い時間設定のもとに、厳しい明治時代初期が、今回の「秩父路の散策」を通
じて探訪できました。
また、タイムリーにも映画「草の乱」は、同時上映「郡上一揆」とともに、次週ポ
レポレ東中野で、いつもよりまた数段上の感慨を持って鑑賞できました。
そして、今回初参加にも拘わらず、株式会社 東京コンサルト村井様を始め皆様と親
しく談笑させて頂いたのが、何よりもの体験となりました。幹事の皆様のご配慮に感
謝してます。そして、今後も積極的に参加希望いたします。


 1234567891011121314151617181920